上司

上司が嘘つき

嘘つきの顔になっている上司

最終更新日 8時間前
(2024年7月13日17時10分)

上司嘘つきである場合、信頼関係の欠如、ストレスの増加、誤情報による混乱、モチベーションの低下など、さまざまな問題が発生します。嘘をつく上司に対しては、上司の言動を詳細に記録し、信頼できる同僚や他の上司と情報を共有することが重要です。さらに、事務的な対応を心がけ、冷静に対処することが効果的です。最終的には、人事部や相談窓口に報告し、必要に応じて転職を検討することも一つの方法です。誠実さを保ち、自分の健康とキャリアを守ることが最優先です。

嘘つき上司の対処方法

その場しのぎの嘘をつく上司との仕事が疲れる理由:信頼関係の欠如とストレス増加など

信頼関係の欠如

まず、嘘をつく上司との信頼関係が築けないことが一番の問題です。例えば、上司がプロジェクトの進捗状況について「順調だ」と嘘をついたとします。しかし、実際には問題が山積みである場合、部下はその嘘を知らずに安心してしまいます。後から問題が発覚すると、部下は上司の言葉を疑うようになり、次回からはどの情報を信じて良いのかわからなくなります。これにより、業務における指示や報告が正確でない可能性が高まり、結果としてチーム全体のパフォーマンスが低下します。また、部下同士のコミュニケーションにも影響が及び、連携が取りづらくなるため、職場全体の効率が悪くなります。

ストレスの増加

次に、嘘をつく上司と働くことは、常に緊張感を持たなければならないため、精神的なストレスが増大します。例えば、上司が「この仕事は簡単だからすぐ終わる」と言っても、実際には非常に複雑で時間がかかるものである場合、部下は突然の負担増に対応しなければなりません。その結果、計画が立てづらくなり、スケジュール調整が難しくなります。さらに、嘘によって期待される成果が現実と乖離していると、部下はプレッシャーを感じ、常に「次はどんな嘘をつかれるのか」と警戒するようになります。このような環境では、部下は心身共に疲弊し、仕事に対するモチベーションも低下してしまいます。

誤情報による混乱

さらに、嘘によって提供される誤情報は、プロジェクトの進行や問題解決に悪影響を与えます。例えば、上司が「クライアントからのクレームは解決済みだ」と嘘をついた場合、実際にはクレームがまだ解決されておらず、さらに大きな問題に発展することがあります。部下はその誤情報をもとに行動するため、後になって問題が再燃し、余計な手間や時間がかかることになります。これにより、業務効率が大幅に低下し、プロジェクト全体の進行が遅れる可能性があります。誤情報による混乱は、チーム全体の信頼を損ない、協力し合う雰囲気を壊してしまいます。

モチベーションの低下

嘘をつかれることで、部下のモチベーションも大きく低下します。例えば、上司が「君のアイデアは素晴らしい」と言っておきながら、実際にはそのアイデアを他人の手柄にしてしまった場合、部下は自分の努力が無駄になったと感じます。また、正直に働いているのに、上司が嘘をつくことで評価が歪められたり、不当な責任を押し付けられたりすることがあります。こうした状況では、部下は仕事に対する意欲を失い、「どうせ頑張っても報われない」と感じてしまうことが多いです。その結果、やる気を維持するのが難しくなり、全体の業務パフォーマンスにも悪影響が及びます。

以上の理由から、嘘をつく上司との仕事は非常に疲れるものです。上司との信頼関係を築き、ストレスを軽減し、正確な情報を共有することが重要です。部下のモチベーションを維持するためには、上司の誠実な対応が欠かせません。

嘘つき上司への仕返し方法は記録を残し、事務的に対応

嘘をつく上司に対してどのように対処すればよいか、いくつかの方法をご紹介します。これらの方法を実践することで、上司の嘘に振り回されることなく、冷静に対処することができます。

記録を残す

まず、上司の言動を詳細に記録することが重要です。上司が何を言ったか、どのような指示を出したかを日付と共にメモしておくと、後で確認する際に役立ちます。これにより、上司が嘘をついた場合や発言を覆した場合に具体的な証拠を示すことができます。例えば、「先週の会議でAプロジェクトについての指示が変わった」といった具体的な記録を持つことで、上司の嘘を証明しやすくなります。

事務的な対応を心がける

上司とのコミュニケーションは事務的に行うよう心がけましょう。感情的になると冷静な判断ができなくなり、上司の嘘に対する適切な対応が難しくなります。事務的な態度を保つことで、上司の嘘に対する冷静な対応が可能になります。また、必要以上に親しくなることを避けることで、上司からの不当な要求や圧力を減らすことができます。

周囲のサポートを得る

嘘つき上司に対して孤立せず、同僚や他の上司のサポートを得ることも大切です。信頼できる同僚と情報を共有し、上司の嘘に対する対策を共に考えることで、より効果的な対応が可能になります。また、必要に応じて上司の上司や人事部に相談することも検討しましょう。組織内でのサポートを得ることで、上司の嘘に対する効果的な対策が取れるようになります。

自分の誠実さを保つ

嘘をつく上司に対して、同じように嘘をつくことは避けましょう。誠実さを保ち、自分の言動に責任を持つことが重要です。嘘をつくことで一時的に上司に対抗できたとしても、長期的には自分の信頼を失うことになります。誠実な態度を保ち続けることで、周囲からの信頼を得ることができ、結果的に上司の嘘に対する強い立場を築くことができます。

どうしても我慢できない場合は転職を検討する

最終手段として、どうしても嘘つき上司との関係が改善しない場合は転職を検討することも一つの方法です。新しい環境で働くことで、ストレスから解放され、より良い職場環境を得ることができるかもしれません。自分のキャリアを考えた上で、最適な選択をすることが重要です。

パワハラしてくる上司が、上へ「していない」と自分の都合のいいように嘘をつく場合

記録を残す

上記でも触れましたが、上司のパワハラ行為や指示を記録することは、自己防衛のために最も重要です。

メール

上司からの指示やパワハラ発言がメールで送られてきた場合、そのメールを保存し、バックアップを取ることが重要です。メールの内容は日時や発言内容が明確に記録されているため、証拠として非常に有効です。また、上司とのメールのやり取りを整理し、必要に応じてフォルダ分けをしておくと、後から確認しやすくなります。

メモ

口頭での指示や発言については、できるだけ詳細にメモを取るようにしましょう。メモには日時、場所、発言内容、状況などを記録します。また、上司の言動に関する証言も書き留めておくと良いです。日記形式で毎日記録をつけることで、継続的なパターンを証明することができます。

録音

法的に許される場合、上司との会話を録音することも有効です。ただし、録音が法律で禁止されている地域もあるため、事前に確認が必要です。録音をする際は、上司の明確なパワハラ発言や不当な指示を捉えるように意識しましょう。録音データは、上司の嘘を覆す強力な証拠となります。

スクリーンショット

デジタルコミュニケーションが主流の現代では、チャットやSNSでのやり取りも証拠になります。上司からのパワハラメッセージが送られてきた場合、スクリーンショットを撮って保存しておきましょう。スクリーンショットには、日時やメッセージ内容が明確に記録されます。

同僚や他の上司に相談する

また、信頼できる同僚や他の上司がいれば相談しましょう。

同僚との情報共有

同じ職場で働く同僚と情報を共有することで、上司のパワハラ行為の実態を明らかにできます。例えば、複数の同僚が同じようなパワハラを受けている場合、その証言を集めておくと、上司の嘘を覆すための強力な証拠になります。同僚との連携を密にし、問題を共有することが大切です。

上司の上司に相談

上司の上司や他の上司に相談することで、上司のパワハラ行為を上層部に報告できます。具体的な証拠を提示し、上司の行為が職場環境に悪影響を及ぼしていることを訴えましょう。上司の上司が問題を把握することで、上司に対する適切な対応が期待できます。

人事部や相談窓口に報告する

最終的には、企業内の人事部や相談窓口にパワハラの事実を報告する方法もあります。

公式な報告手続き

人事部や相談窓口に正式な報告を行う際には、具体的な証拠を揃えて提出しましょう。メール、メモ、録音、スクリーンショットなど、あらゆる証拠を整理して提供します。公式な報告手続きを経ることで、企業側は問題を正式に認識し、対応を開始することが求められます。

相談窓口の活用

多くの企業には、従業員の悩みやトラブルを相談できる窓口が設けられています。パワハラ問題については、相談窓口に相談することで、専門的なアドバイスを受けることができます。相談窓口の担当者が適切な対応策を提案してくれるため、心強いサポートとなります。

平気で嘘をつく上司はもしかするとパーソナル障害かもしれない

平気で嘘をつく上司は、人格障害を抱えている可能性があります。このような行動には以下の特徴が見られます。

虚言癖(反射的に嘘をつく)

虚言癖とは、常に嘘をつくことが習慣化している状態を指します。この場合、上司は自分の利益や保身のためだけでなく、状況に関係なく嘘をつきます。例えば、プロジェクトの進捗について「順調だ」と嘘をついて、後になって問題が明らかになることがあります。このような嘘は反射的に出てくるため、本人も嘘をついていることを自覚していないことが多いです。これは、自己愛性人格障害や境界性人格障害の特徴の一つとされています。

自己愛性人格障害

自己愛性人格障害を持つ人は、自分を過度に重要視し、他人を利用することにためらいがありません。彼らは他人を操作するために平気で嘘をつき、自分のイメージを守るために現実を歪めることがあります。例えば、上司が部下のアイデアを自分のものとして発表し、評価を得るケースが典型的です。このような上司は、部下の努力を無視し、自分の手柄とすることで信頼関係を破壊します。

境界性人格障害

境界性人格障害の人は、感情の起伏が激しく、不安定な対人関係を特徴とします。彼らは瞬間的な感情に基づいて嘘をつくことがあります。例えば、感情的になった際に部下に対して根拠のない批判をすることがあります。このような行動は、職場の人間関係を複雑化させ、部下や同僚に大きなストレスを与えます。

反社会性人格障害

反社会性人格障害を持つ人は、他人の権利を無視し、道徳や法律を守らない傾向があります。彼らは頻繁に嘘をつき、他人を欺くことが日常的です。例えば、プロジェクトの失敗を部下の責任にするために嘘をつくことがあります。このような上司は、部下に対して冷淡であり、共感が欠如しています。その結果、働く環境が非常に困難になります。

上司だけでなく会社自体が嘘ばかりな場合は外部機関への相談

会社全体が嘘をつく場合、すべての指示やコミュニケーションを詳細に記録することが重要です。メール、メモ、録音など、証拠として残せるものを積極的に活用しましょう。例えば、上司から「このプロジェクトは優先度が低い」と指示された後に「なぜ進めていないのか」と責められた場合、証拠があれば自己防衛ができます。こうした記録は、後で事実関係を確認する際に非常に役立ちます。

信頼できる同僚との情報共有と連携

信頼できる同僚と情報を共有し、連携を強化することも重要です。例えば、同僚と一緒に会議の内容を記録し合うことで、上司や会社の矛盾した指示や発言に対抗する証拠を得ることができます。また、複数人で問題を共有することで、個人だけで対処するよりも強力なサポートを得ることができます。

外部の専門機関に相談する

企業内での解決が難しい場合、外部の専門機関に相談することも検討しましょう。例えば、労働組合に加入している場合は、組合に相談してサポートを受けることができます。また、労働監督署に相談することで、企業の不正行為に対する調査や法的措置を依頼することも可能です。こうした外部の支援を求めることで、問題解決のための具体的なアドバイスや支援を受けることができます。

精神的な健康を守るために転職を検討する

会社全体が嘘をつく環境で精神的に耐えられない場合、転職を検討することも一つの手段です。長期的に見て、健康やキャリアに悪影響を及ぼす環境に居続けることは避けるべきです。新しい職場を見つけることで、より健全な職場環境で働くことができます。転職活動を始める際には、自分のスキルや経験を活かせる職場を慎重に選びましょう。

自分の価値観を再確認し行動する

最後に、自分の価値観を再確認し、それに基づいて行動することが大切です。誠実に働くことが自分にとって重要であれば、その価値観を貫くことで、自分自身を守ることができます。例えば、会社が不正行為を行っている場合、自分がその行為に加担しないように注意しましょう。嘘をつくことに巻き込まれないよう、自分の行動や判断に誇りを持ち、正直で誠実な態度を維持することが重要です。

このように、上司だけでなく会社全体が嘘をつく場合、記録を詳細に残し、信頼できる同僚と連携し、必要に応じて外部の専門機関に相談することで対処することが重要です。状況が改善されない場合は、精神的な健康を守るために転職を検討することも一つの方法です。

まとめ:嘘つき上司はあなた自身をダメにする

記事のまとめです。

  • 嘘つき上司は信頼関係を築くのが難しい
  • 信頼できない上司は業務指示が不明確になる
  • 嘘つき上司は部下のストレスを増加させる
  • 上司の嘘により計画が立てづらくなる
  • 誤情報による混乱でプロジェクトが遅延する
  • 嘘をつかれることで部下のモチベーションが低下する
  • 上司の嘘が評価や責任の歪みを引き起こす
  • 信頼できる同僚と情報を共有することが重要
  • 上司の言動を詳細に記録することが必要
  • 事務的な対応で冷静に対処することが有効
  • 人事部や相談窓口に報告することを検討する
  • 上司のパワハラ行為を記録する方法を知る
  • 虚言癖は自己愛性人格障害の一つである
  • 境界性人格障害は感情的に嘘をつくことがある
  • 反社会性人格障害は頻繁に嘘をつく傾向がある