上司

上司が呼び捨てしてくるのやめてほしい

呼び捨てする上司

最終更新日 7時間前
(2024年7月13日17時10分)

上司呼び捨てしてくるのやめてほしいですよね。上司が部下を呼び捨てにする行為は、威圧感や不快感を与え、職場の雰囲気を悪化させる原因になります。特に威圧的な態度や強い口調を伴う場合、パワーハラスメントと見なされることがあります。

呼び捨てが問題となる状況や法的な観点からの判断について理解し、適切に対応することが重要です。上司に対して不快感を伝える、第三者に相談する、記録を残すなどの対策を講じることで、職場環境の改善を図ることができます。呼び捨てがセクシュアルハラスメントとして認定される場合もあり、特に女性部下の下の名前で呼び捨てする上司は非常識といえます。

上司がわたしを呼び捨てするのをやめてほしい...

上司が部下を呼び捨てにするのはコンプライアンス違反(パワハラ)に該当するのか:威圧的な態度や特定の状況での呼び捨てはパワハラの可能性あり

上司が部下を呼び捨てにする行為がコンプライアンス違反に該当するかどうかは、具体的な状況によります。一般的に、単に名前を呼び捨てにすることだけではコンプライアンス違反にはなりませんが、場合によってはハラスメントと見なされることがあります。

呼び捨てが問題となるケース

名前を呼び捨てにする行為が問題となるケースは次のような場合です。

  1. 威圧的な態度で呼び捨てにする場合:呼び捨てと共に威圧的な態度や強い口調を伴う場合、部下は不快感や屈辱感を感じることが多いです。このような場合は、パワーハラスメントとして問題視される可能性があります。
  2. 特定の状況下での呼び捨て:以前は「さん」付けで呼んでいたのに、上司が昇進したことで呼び捨てに変える、年上の部下や先輩社員を呼び捨てにするなど、特定の状況下で呼び捨てが行われると、その意図が疑われることがあります。
  3. フレンドリーさを超えた呼び捨て:社内の文化としてフレンドリーな呼び方が受け入れられている場合でも、下の名前を呼び捨てにすることは避けるべきです。特に異性の場合、セクシュアルハラスメントとして認識されるリスクもあります。

法的な観点からの判断

法的には、呼び捨て自体が直ちに違法行為とされるわけではありません。しかし、労働環境や部下の感じ方次第では、ハラスメントとして認定されることがあります。厚生労働省は、パワーハラスメントを「身体的な攻撃、精神的な攻撃、人間関係からの切り離し、過大な要求、過少な要求、個の侵害」の6つの類型に分けており、呼び捨てがこれらのいずれかに該当する場合にはパワハラと判断される可能性があります。

注意点と対策

以下は、呼び捨てが問題となるのを防ぐためにあなたができる点です。

  1. 直接的に伝える:上司に対して、呼び捨てが不快であることをはっきりと伝えましょう。例えば、「名前を呼び捨てにされると少し不快に感じるので、さん付けで呼んでいただけると助かります」と丁寧に伝えると良いでしょう。
  2. 適切なタイミングを選ぶ:話をするタイミングは重要です。上司が忙しくない時や落ち着いた雰囲気の時を選び、できるだけ周囲に人がいない場面で話すことを心がけましょう。
  3. 第三者の助けを借りる:直接言いにくい場合は、人事部や信頼できる同僚に相談して、間接的に上司に伝えてもらう方法もあります。社内のハラスメント相談窓口を利用するのも一つの方法です。
  4. 文書で伝える:口頭で伝えるのが難しい場合は、メールや手紙で自分の気持ちを伝えることも考えましょう。文書であれば、冷静に自分の気持ちを整理して伝えることができます。
  5. 記録を残す:万が一、状況が改善しない場合に備えて、上司とのやり取りや呼び捨てにされた事実を記録しておくことが重要です。これにより、後から証拠として使うことができます。

以上の点を踏まえて、呼び捨てがパワーハラスメントとして問題とされる可能性があることを理解し、適切な対処を行うことが重要です。

上司が女性部下の「下の名前」を呼び捨てにするのはセクシュアルハラスメントか:親密すぎる呼び方や他の部下との差別的扱いはセクハラの可能性あり

セクシュアルハラスメントとされる条件

  1. 親密すぎる呼び方:上司が女性部下の下の名前を呼び捨てにすることで、過度に親密な関係を示そうとする場合、その意図が問題視されます。特に職場での公式な場面や他の社員の前で行われると、部下が不快感を覚える可能性があります。
  2. 他の部下との差別的扱い:女性部下だけが下の名前で呼ばれる場合、特別扱いされていると感じることがあります。これは他の部下に対する不平等な扱いと見なされ、セクシュアルハラスメントの一形態とされることがあります。
  3. 部下が不快感を示している場合:呼び捨てにされた女性部下が明確に不快感を示しているにもかかわらず、上司がその行為を続ける場合、これは意図的な嫌がらせと見なされ、セクシュアルハラスメントとして認定される可能性が高まります。

具体的な事例と対策

  • 【事例】新人のAさん:Aさんは新入社員で、上司から「アキ」と呼ばれ続けています。Aさんはこの呼び方に不快感を覚えており、上司に「名字で呼んでください」とお願いしましたが、改善されません。この場合、Aさんはセクシュアルハラスメントとして上司の行為を問題視することができます。
  • 【対策】社内のハラスメント相談窓口を利用する:不快な呼び方をされている場合、まずは社内のハラスメント相談窓口や人事部に相談することが重要です。これにより、上司の行為が正式に問題として取り上げられ、改善される可能性が高まります。
  • 【対策】同僚の助けを借りる:直接上司に言いにくい場合は、信頼できる同僚に相談し、一緒に上司に改善を求めることも一つの方法です。また、同僚からの証言があると、問題がより客観的に認識されやすくなります。

法的観点からの判断

セクシュアルハラスメントは、労働法や男女共同参画社会基本法などの法律で禁止されています。女性部下が下の名前で呼ばれることで精神的苦痛を感じている場合、その行為はセクシュアルハラスメントとして法的に問題視されることがあります。

【補足】ただし上司が取引先などの相手に対してあなた(部下)を呼び捨てにするのはビジネスマナーで問題なし

上司が取引先などの相手に対して部下を呼び捨てにすることは、ビジネスマナー上問題ありません。この行為は、外部とのコミュニケーションにおいて特に重要です。以下に、その理由を詳しく説明します。

ビジネスマナーとしての背景

  1. 関係性の明確化:取引先に対して、組織内の関係性を明確にするために、上司が部下を呼び捨てにすることは一般的です。これは、取引先が誰が意思決定者であるかを理解しやすくするためです。
  2. 敬称の混乱を避ける:社外の人と話す際に、上司が部下に対して敬称を使うと、取引先が混乱することがあります。例えば、「田中さん」という呼び方をすると、取引先はその人が上司なのか部下なのか判断しにくくなります。そのため、呼び捨てにすることで、明確な立場を示すことができます。

部下としての理解と対応

  1. 事前に理解しておく:部下としては、上司が取引先に対して呼び捨てにすることはビジネスマナー上問題ないことを理解しておくことが重要です。これは、上司が自分の立場を明確にし、取引先に対して適切な関係性を示すための行為です。
  2. 適切な状況判断:上司が呼び捨てにする状況は、取引先や外部の人に対してのみ適用されることを理解しましょう。社内でのやり取りでは、通常の敬称を使用することが基本です。「社内」で上司が部下を呼び捨てにすることが問題です。
  3. 不快感の軽減:呼び捨てにされることに不快感を感じる場合でも、ビジネスマナーとして必要な場合であることを認識し、状況を理解することで不快感を軽減することができます。もしどうしても不快に感じる場合は、上司に対してその旨を適切に伝える方法もあります。

具体的な例

取引先との会議や電話対応で、上司があなたを呼び捨てにする場面を想像してみてください。例えば、「佐藤、この件について説明してくれ」と上司が言うと、取引先は佐藤さんが部下であり、上司の指示を受ける立場にあることを理解します。

このように、上司が取引先に対して部下を呼び捨てにする行為は、ビジネスマナーとして問題なく、むしろ必要な場合が多いのです。部下としては、その背景と意図を理解し、適切に対応することが求められます。

職場の上司が呼び捨てする心理:権威を示したい、親しみやすさを出したい、配慮が足りない、昔からの習慣

上司が部下を呼び捨てにする理由には、いくつかの心理的な要素があります。それぞれについて具体的に説明します。

1. 権威を示したい

上司が部下を呼び捨てにする一つの理由は、自分の権威を示したいからです。上司は、部下に対して自分が偉いと感じさせるために呼び捨てを使うことがあります。これは、上下関係をはっきりさせたいという意図があります。

例えば、新しく入った部下や、上司が昇進したばかりの場合、このような行動が見られることがあります。「自分が上司だ」と強調することで、自分の立場を確立しようとしているのです。

2. 親しみやすさを出したい

時には、上司が親しみやすさを出したいと思って呼び捨てにすることもあります。上司は、部下と仲良くなりたいと考えて、フレンドリーな呼び方をすることがあります。

例えば、チームをまとめるために、上司がみんなの名前を気軽に呼び捨てにすることがあります。ただし、このやり方が逆効果になることもあり、部下が不快に感じる場合もあります。

3. 配慮が足りない

単純に配慮が足りないために呼び捨てにする上司もいます。このタイプの上司は、相手の気持ちを考えずに自分のやり方を押し通します。

例えば、何も考えずに部下を呼び捨てにすることで、部下が傷ついていることに気づかないことがあります。このような上司は、部下のストレスの原因になりやすいです。

4. 昔からの習慣

一部の上司は、昔からの習慣で呼び捨てにすることもあります。特に年配の上司に多いですが、昔の職場では呼び捨てが普通だったため、その習慣が残っている場合があります。

例えば、「昔の上司が自分を呼び捨てにしていたから、自分もそうする」という考え方です。この場合、上司は悪意がないこともありますが、現代の職場では通用しないことも多いです。

まとめ:上司が呼び捨てしてくるのをやめてほしいと思っているあなたが正しい

記事のまとめです。

  • 上司が部下を呼び捨てにすることは状況によってはコンプライアンス違反になる
  • 威圧的な態度で呼び捨てにする場合はパワハラと見なされることがある
  • 以前は「さん」付けだったが昇進後に呼び捨てに変わることは問題視される
  • 年上の部下や先輩社員を呼び捨てにすることは意図が疑われる
  • 社内文化としてフレンドリーな場合でも下の名前の呼び捨ては避けるべき
  • 呼び捨てはセクシュアルハラスメントと認識されるリスクがある
  • 呼び捨て自体が直ちに違法ではないが、ハラスメントと判断されることがある
  • 厚生労働省はパワハラを6つの類型に分類している
  • 呼び捨てが「精神的な攻撃」に該当する場合はパワハラとされる
  • 上司に対して呼び捨てが不快であることを直接伝えることが重要
  • 話すタイミングを選ぶことで効果的に伝えられる
  • 人事部や信頼できる同僚に相談する方法もある
  • 口頭で難しい場合はメールや手紙で伝えることも有効
  • 上司とのやり取りを記録しておくことが後々役立つ
  • 女性部下の下の名前を呼び捨てにすることはセクハラに該当することがある
  • 上司が取引先に対して部下を呼び捨てにすることはビジネスマナーとして問題ない
  • 呼び捨てにより取引先に対して組織内の関係性を明確に示せる
  • 社外の人と話す際には呼び捨てで敬称の混乱を避ける
  • 呼び捨てされることに不快感を感じる場合でも状況を理解することが重要
  • 部下が上司の呼び捨てを受け入れることでスムーズなコミュニケーションが図れる