上司

「何言ってるかわからない」と言う上司

「何言ってるかわからない」と言う上司

最終更新日 8時間前
(2024年7月13日17時10分)

何言ってるかわからない」と言う上司に対して、傷つくのは当然の感情です。上司がこのように言う理由には、忙しさから部下の話をじっくり聞けないことや、報告のスタイルが期待と異なること、コミュニケーションスキルの問題があります。この言葉が頻繁に使われると、パワハラに該当する可能性があります。具体的な改善方法としては、明確な目標設定、具体的で簡潔な言葉の使用、PREP法の活用、上司からのフィードバックを求めること、定期的なコミュニケーションの実施などが効果的です。自分を責めず、どうすれば分かりやすく伝えられるかを考えることが大切です。

「何言ってるかわからない」と言う上司がウザい場合の対策

上司がよく「何言ってるかわからない」と言うので傷つくのはおかしいことではない

上司に「何言ってるかわからない」と言われると、傷つくのは当然のことです。

まず、このような言葉を聞くと、自分の話し方が悪いのではないかと感じてしまい、不安になるからです。自分が一生懸命に話しているのに、うまく伝わらないと言われると、とても落ち込んでしまいます。これは誰にでも起こりうる自然な感情です。

また、「何言ってるかわからない」という言葉は、自分の努力や考えを否定されているように感じられます。このため、言われた側は自分がダメな人間だと思い込み、心が傷つきやすくなります。

さらに、職場での人間関係にも影響します。上司からこんな言葉を言われると、上司との信頼関係が崩れてしまうことがあります。これにより、仕事へのやる気がなくなったり、働きにくくなったりすることもあります。

このように、上司から「何言ってるかわからない」と言われて傷つくのはおかしいことではありません。それは自然な反応であり、誰にでも起こることです。大切なのは、その気持ちをしっかり受け止め、自分を責めるのではなく、どうすればもっとわかりやすく話せるかを考えることです。

「何言ってるかわからない」と言う上司がいるのはなぜか:忙しさや報告スタイルのギャップ、コミュニケーションスキルの不足

上司が「何言ってるかわからない」と言うのには、いくつかの具体的な理由があります。

まず、上司自身が忙しく、時間に追われていることが多いです。このため、部下の説明をじっくりと聞く余裕がなく、話の全体像を把握する前に判断してしまうことがあります。例えば、上司が会議や締め切りに追われている時には、部下の話を細かく聞く時間がないため、「何を言ってるかわからない」と感じることが増えます。

次に、上司が期待している報告や説明のスタイルと、部下が実際に提供する情報との間にギャップがあることも一因です。例えば、上司は結論から先に聞きたいのに、部下が細かい経緯や背景から話し始めると、「何を言っているのかわからない」と感じてしまいます。上司が「結論を早く知りたい」と思っているのに対して、部下が詳細から話し始めることで、話の焦点が合わなくなるのです。

さらに、コミュニケーションスキルの問題も挙げられます。上司自身が明確な指示を出せていない場合や、部下の話し方に対するフィードバックを適切に行っていない場合、結果として部下が何を言いたいのか理解できずに「わからない」となってしまいます。例えば、上司が曖昧な指示を出すと、部下はどのように報告すれば良いのか迷ってしまい、結果として上司にとってわかりにくい報告になってしまうのです。また、部下が報告の仕方を改善しようとしても、上司が具体的なフィードバックをしないと、どこをどう直せば良いのか分からず、同じ問題が繰り返されることになります。

これらの要因が重なり合うことで、上司が「何言ってるかわからない」と言う場面が生じやすくなるのです。

「何言ってるかわからない」はパワハラに該当する場合あり

「何言ってるかわからない」という上司の言葉がパワハラに該当するかどうかは、その言葉の使い方や状況によります。

まず、このような言葉が頻繁に使われ、部下に対して繰り返し使われる場合、これはパワハラと見なされる可能性があります。パワハラは、職場での力関係を利用して、他の人に対して心理的な苦痛を与える行為です。上司が部下に対して「何言ってるかわからない」という言葉を何度も使い、部下を困惑させたり、自信を失わせたりすることは、心理的な圧力をかける行為に当たることがあります。

例えば、上司がこの言葉を使って部下の発言を一方的に否定し、改善の指示や助言を与えることなく、ただ相手を傷つける目的で発言する場合です。このような状況では、部下は自分の能力に対して不必要な不安を感じ、職場環境が非常に過酷なものになります。

一方で、上司が部下の説明を本当に理解できずに困っている場合もあります。この場合、言葉自体がパワハラと見なされるわけではありません。重要なのは、その後の対応です。上司が部下の理解を助けるために具体的な質問をしたり、コミュニケーションの方法を改善しようと努力する場合、それはパワハラとは言えません。

どのような場合に「何言ってるかわからない」がパワハラに該当するか

  1. 頻繁に繰り返される場合:上司が部下に対して、「何言ってるかわからない」という言葉を頻繁に繰り返す場合です。このような言葉が継続的に使われることで、部下は自己評価が低下し、自信を失うことになります。繰り返しの言葉は心理的な負担を増やし、職場でのストレスを大きくします。
  2. 改善の意図がない場合:上司が単に部下を否定するためだけに「何言ってるかわからない」と言う場合です。このような場合、上司は部下の話を理解しようとする努力をせず、また具体的な指示や助言も与えません。部下にとって、この言葉は単なる批判であり、建設的なフィードバックや指導が行われないため、成長の機会が奪われます。
  3. 公開の場で言う場合:会議や他の同僚がいる前で「何言ってるかわからない」と言われる場合です。このような状況では、部下は公然と恥をかかされることになり、心理的なダメージが大きくなります。公開の場での否定的な発言は、部下の信頼感や尊厳を損ないます。
  4. 脅迫的な態度で言う場合:上司が怒鳴ったり、威圧的な態度で「何言ってるかわからない」と言う場合です。このような状況では、部下は恐怖を感じ、心理的な圧力を受けます。威圧的な言葉や態度は、職場での健全なコミュニケーションを阻害し、部下に対して強い心理的な負荷をかけます。
  5. 特定の部下に対してだけ使う場合:ある特定の部下に対してのみ「何言ってるかわからない」という言葉を使う場合です。このような状況では、その部下がターゲットにされていると感じ、孤立感や疎外感を覚えることになります。不公平な扱いは職場環境を悪化させ、部下の精神的な健康に悪影響を与えます。

これらの状況が重なる場合、「何言ってるかわからない」という言葉はパワハラに該当する可能性が高くなります。

「何言ってるかわからない」は失礼?

「何言ってるかわからない」という言葉は、多くの場合、相手に対して非常に失礼に感じられます。この言葉は、話し手の努力や意図を否定するように受け取られることが多いためです。具体的には、以下の理由で失礼と感じられます。

  1. 話し手の努力を無視する:この言葉は、話し手が一生懸命に伝えようとする努力を一瞬で否定してしまいます。話し手は、自分の伝え方が悪いと責められたように感じるため、非常に傷つきやすくなります。
  2. 理解しようとしない態度:「何言ってるかわからない」という言葉には、話を理解しようとする姿勢が見られません。このため、話し手は自分の話を軽んじられていると感じ、尊重されていないと思うことが多いです。
  3. コミュニケーションの断絶:この表現は、相手とのコミュニケーションを一方的に断ち切る行為と受け取られます。これにより、話し手は疎外感を感じ、関係性が悪化する可能性があります。

以上の理由から、「何言ってるかわからない」という言葉は、多くの状況で非常に失礼と感じられる表現です。

何言ってるかわからないと言われる私は病気か?コミュニケーションスキルや環境の問題

「何言ってるかわからない」と上司に言われることが続くと、自分に問題があるのではないか、ひいては病気なのではないかと不安になることがあります。

しかし、結論から言うと病気とは考えにくいです。このような状況は、主に以下の理由によるものです。

コミュニケーションの問題

多くの場合、「何言ってるかわからない」と言われるのは、コミュニケーションの問題が原因です。例えば、自分の考えを整理せずに話してしまうと、相手に伝わりにくくなることがあります。また、専門用語や難しい言葉を使いすぎると、相手が理解しにくくなることもあります。このような場合、コミュニケーションスキルを向上させることで改善が期待できます。

緊張やストレス

緊張やストレスが原因でうまく話せないこともあります。特に、上司や目上の人と話すときに緊張してしまい、言葉がうまく出てこないことがあります。このような状況では、リラックスする方法を学び、落ち着いて話すことが大切です。

環境の影響

職場の環境や上司の対応も影響します。上司が忙しすぎて部下の話をじっくり聞く時間がない場合や、上司自身がコミュニケーションスキルに問題がある場合も考えられます。このような環境では、いくら部下が努力しても「何言ってるかわからない」と言われてしまうことがあります。

以上のように、「何言ってるかわからない」と言われることは、必ずしも自分に重大な問題があるわけではありません。まずは自分の話し方を見直し、コミュニケーションスキルを向上させることを目指しましょう。また、上司や同僚に具体的なフィードバックを求めることで、どの部分がわかりにくいのかを把握し、改善していくことが重要です。

「言ってる意味がわからない」と上司に言われる場合の改善方法は具体的な目標設定、簡潔な言葉、PREP法の活用、フィードバックの取得

明確な目標設定を行う

まず、自分が話す前に何を伝えたいのかを明確にしましょう。具体的な目標を設定することが重要です。例えば、会議で「次のプロジェクトの進捗状況を報告する」という目標がある場合、その目標に集中して話を組み立てます。話の軸がぶれないようにするため、話す前にメモを取ることも有効です。

具体的で簡潔な言葉を使う

具体的で簡潔な言葉を使うことで、相手に伝わりやすくなります。例えば、「売上が増えました」という表現ではなく、「今月の売上は10%増加し、1,000万円に達しました」と具体的な数字を使って説明します。また、専門用語や曖昧な表現は避け、誰でも理解できる言葉を選びましょう。

PREP法を活用する

PREP法(結論→理由→具体例→結論)を使って話すと、論理的で分かりやすくなります。

  1. 結論:「今月の売上は10%増加しました。」
  2. 理由:「新しいマーケティング戦略を導入したからです。」
  3. 具体例:「具体的には、SNS広告を強化し、ターゲット層へのリーチを広げました。」
  4. 再結論:「その結果、売上が10%増加しました。」

フィードバックを求める

上司からのフィードバックを積極的に求めることも大切です。例えば、「今回の説明でわかりにくい部分がありましたか?」と尋ねることで、どの部分が改善が必要か具体的に知ることができます。フィードバックを元に、次回以降の説明を改善していくと良いでしょう。

定期的なコミュニケーションを取る

日常的に上司とコミュニケーションを取ることで、互いの理解が深まり、説明がスムーズになります。例えば、週に一度の定例ミーティングを設け、そこで進捗報告や問題点の共有を行うと良いでしょう。また、重要な事項はメールやチャットで事前に共有しておくと、ミーティングでの説明がより効率的になります。

資料を用意する

話す内容を事前に資料として準備しておくと、説明が分かりやすくなります。例えば、スライドや手書きのメモを使ってポイントを視覚的に示すと、相手の理解が深まります。資料には、要点を箇条書きにしたり、グラフや図を用いたりして、視覚的にわかりやすく工夫しましょう。

これらの具体的な方法を実践することで、「言ってる意味がわからない」と言われることが減り、上司とのコミュニケーションがスムーズになります。

まとめ:上司に「何言ってるかわからない」と何回も言われる場合は具体的で簡潔な言葉を使う

記事のまとめです。

  • 上司に「何言ってるかわからない」と言われると傷つくのは自然な感情である
  • 自分の話し方が悪いと感じ、不安になることがある
  • 努力や考えを否定されたように感じるため心が傷つく
  • 職場での人間関係に悪影響を与える
  • 信頼関係が崩れ仕事のやる気がなくなる
  • 上司が忙しくて部下の話を聞く余裕がないことがある
  • 上司の期待する報告スタイルと部下の提供する情報が異なることがある
  • 上司が具体的な指示を出さない場合、部下は迷う
  • 部下の報告が上司にとって分かりにくいと感じられることがある
  • 「何言ってるかわからない」は頻繁に使われるとパワハラに該当することがある
  • 改善の意図がない場合、上司の言葉はパワハラとなる
  • 公開の場で言われると心理的ダメージが大きい
  • 威圧的な態度で言われると心理的圧力を感じる
  • 特定の部下にだけ使われると不公平感を生む
  • 「何言ってるかわからない」は多くの状況で失礼と感じられる
  • 話し手の努力を無視し、理解しようとしない態度が見られる
  • コミュニケーションを断絶する行為と受け取られることがある
  • 「何言ってるかわからない」と言われることが病気を示すわけではない
  • コミュニケーションスキルの問題が原因であることが多い
  • 緊張やストレスが原因でうまく話せないことがある
  • 職場の環境や上司の対応も影響する
  • 明確な目標設定を行い話の軸をぶれさせない
  • 具体的で簡潔な言葉を使う
  • PREP法を活用して論理的に話す
  • 上司からのフィードバックを積極的に求める
  • 定期的なコミュニケーションを取り互いの理解を深める
  • 事前に資料を準備し視覚的に示すと効果的