退職代行サービスの安さ・質を徹底比較!

menu

退職代行サービス安い料金から比較ランキング!悪い口コミ除くと残るのはどこ?

退職代行サービスの利用方法・流れをまとめ!必要な書類とは?

退職代行サービスの利用方法・流れをまとめました。
利用するのに不安に思っている人に、どういった流れで、
何か必要なものがあるのかどうか?というところをまとめていきますので
是非参考にしてください。

退職代行サービスの利用方法

退職代行サービスを利用する人が増えている昨今。

退職代行サービスの利用方法は以下の通りです。
最近はほとんどがLINEでの無料相談を受け付けています。
LINEが使えないところも、電話相談やメール相談できますので、流れとしてはほぼ同じとなります。

1、LINE等で無料相談

2、依頼内容・情報共有

3、振込

4、指示に従い書類を用意する

5、退職

6、業者によってはアフターフォローあり(転職など)

1、LINE等で無料相談

ここでしっかり自分の情報を伝えるようにしましょう。
どこの会社で、どういった理由で退職するのか、現在どういう状況か。
嘘がない形でしっかりとお伝えしましょう。

2、依頼内容・情報共有

基本は、退職代行サービスの人がリードしてくれますので、それで依頼内容を明確化して
確実に情報を共有しましょう。

3、振込み

振込の打診がありますので、素早く振り込みます。

クレカ・銀行支払いが一般的ですが、中には分割払いに対応しているところもあります。
振込が確認でき次第、退職代行サービスも動きますので、すぐに反映されるものの方がいいです。
つまりクレジットカードが一番早いかと思われます。

4、指示に従い書類を用意する

指示に従い書類を用意したり、待機したりします。
人事から電話があっても出ないように、など指示を受けることもあります。

以下の指示が出ることが多いです。

・退職届と感謝状を送り退職を完了させる
・会社からの借り物を会社に送付する
・会社から送付される私物を受け取る

その後は、多少面倒ですが、きちんと以下のことを自分で済ませて、退職完了となります。

・保険の手続き
・年金の手続き
・税金の手続き

意外と細かいやることあるんだよねー。
全部ネットで完結できる時代が来るだろうけど、まだそうじゃないからね

退職で受け取る書類一覧

退職に伴い受け取る書類というものは意外とけっこうあります。
すべて今後に必要なものですのでしっかりと手元に来るか確認しましょう。

書類 使用タイミング
雇用保険被保険者証雇用保険に入っていたことを証明する書類次の転職先で提出
源泉徴収票保険料を控除するための申告書年末調整のために次の転職先に提出
年金手帳今までの国民年金の加入状態を証明書類次の転職先で提出、または年金事務所に変換
健康保険被保険者資格喪失証明書健康保険の資格を失ったと証明する書類国民健康保険に切り替える時に必要
離職票退職したことを証明する書類失業給付の受給手続きのためにハローワークに渡す。ただし転職が既に決定しているならいらない。
厚生年金基金加入員証厚生年金基金の加入状態を証明する書類65歳時に年金受取手続きのため提出する
退職証明書給与、役職、退職理由などが書かれた書類転職先やハローワークで求められることがある

退職代行サービス利用者の声

まとめ

いかがでしょうか。

退職代行サービスは必要なサービスです。
批判として「自分で言い出せないようなら次も同じ」「なぜ一言面と向かって言えない」といったことが
言われますが、きっと良い職場で働いているのでしょう。

わがままや愚痴が言える職場は本当にマシなものです。

責任重い立場、自分がいないと回らない現場、逃げ出せない上司からの期待・圧力、絶対的雰囲気、
正当化される20時間労働。
本当にキツイ職場というのはけっこうあります。

1、辞めるんです

辞めるんですは、バイト・正社員にかかわらず、一律で30000円と分かりやすい料金体系となっています。

万が一の時の全額返金保証があった上で、24時間対応、退職成功率今のところ100%ということで実績も十分であります。
値段・サービスの質・信頼性でバランスが一番良いと判断しています。

2、男の退職代行

男の退職代行は男性特化となりますが、2019年5月に出来た退職代行協会の厳しい審査項目をクリアしており
「即日対応」「一律の値段」となっております。

比較的新しい会社ではありますが、今までの会社のメリットデメリットをしっかり分析して、業界1位を目指している
期待大の会社であります。

3、わたしNEXT

わたしNEXTは女性特化となりますが、2019年5月に出来た退職代行協会の厳しい審査項目をクリアしており
「即日対応」「一律の値段」となっております。

こちらも男の退職代行と同系列でありますが、女性ならではの専門知識のあるスタッフで構成されていますので
女性が相談しやすい体勢となっています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA