退職代行サービスの安さ・質を徹底比較!

menu

退職代行サービス安い料金から比較ランキング!悪い口コミ除くと残るのはどこ?

退職代行サービスのリスクとは?事前回避する方法と5つの回避知識

退職代行サービスを初めて利用するのは非常に不安かと思います。
何事も新規事業というのは、勢いだけで中身がスカスカな業者も発生しますし
トレンドに乗じた詐欺というのも発生します。

自分がそれに当たらないように気を付けたいものですが
そのために必要なのは「知識」です。

当記事では、退職代行サービスのリスク回避が出来るための知識をまとめましたので
是非、これを知った上で、退職代行サービスをご利用いただければと思います。

知ってるか知らないかの差はけっこう重要!

退職代行サービスのリスクとは?

退職代行サービスのリスクについて、今まで実際に起きた、トラブルについて紹介しておきます。
これだけ聞くと怖くなる人もいるかと思いますが、
そうならないようにしっかりと対策し企業努力している会社はありますのでご安心ください。

ケース1:損害賠償

これは退職代行サービスで、というわけではないのですが
過去に、入社1週間で退職して、退職の効果が発生するまでの期間も出勤しなかった従業員が勤務先から損害賠償を受けて、
70万円の支払命令が出た事案があります。
(出典:ケイズインターナショナル事件:平成4年9月30日東京地方裁判所判決)

これは詳細を見ると70万円が妥当な数字だからそういった判決が出たというのもあるでしょう。(先に給料の支払いが行われた等)

損害賠償は、まだ退職代行サービスによるもので発生は聞いたことがありませんが、
よほど会社に金銭的な損害を与える場合は、可能性としてはありますので、怯えることはありませんが
頭の片隅には入れた方がいいでしょう。

退職する自由は、基本的人権として認められていますので、多少の迷惑をかけるのは損害賠償に直接つながりません。

辞める権利は誰にでもある。理屈的に正当なら多少の迷惑は考えすぎない方がいいんだと思う。

ケース2:懲戒解雇の汚点はつかない?

懲戒解雇されたという汚点がつくことはないか?という心配をされる方もいますが
横領や、ハラスメントで訴えられていなければされないのが普通です。

辞める、といったことで「じゃあ懲戒解雇だ!」となると経営側を逆に訴えていい状態となりますので
それはいわゆるあちら側のパワーハラスメントとなります。

実際、懲戒解雇されたという情報は今のところ聞いたことはありません。

ケース3:退職までに社内いじめに合わないか?

退職代行サービスを利用する人は、それまで自分でお願いしたら丸め込まれて出来なかった人がほとんどですので
サービスに依頼して、会社にはそれ以上行かずに辞めた人が多いのが現状です。

ただ、もちろん全員がそう、というわけではないでしょう。

どうしても退職まで職場に通う必要がある場合は、
いじめやハラスメントに関しては、法的手段に訴える、という強い態度で臨むしかありません。
実際に退職代行サービスによって弁護士が後ろ盾していることを伝えるなどして
割り切って退職するしかありません。

ポイントとしては、弁護士がいる業者でやることで、不条理なことに対抗できます。
(直接、弁護士が戦う、となるのは、退職代行サービス外のこととなりますのでその点は注意)

ケース4:必要な書類が届かない

離職票等、退職手当等をもらうために必要な書類が、送られないことを懸念してしまう人も多いでしょう。

届かないのはよほどヤバイ会社だよね…

これも基本的に法律上必要なことでありますので
退職最高サービスがうまくやってくれます。
これについてのトラブルも今のところニュースになるようなことは起きていません。

リスクを避けるために確認すべき3つのこと

これらのリスクを避けるには、基本は当サイトで紹介するような業者であれば大丈夫でありますが
具体的には3つあります。

確認点1:最低限、顧問弁護士がいる企業

確認点2:最初に、こういう恐れがある・不安があるということを話しておく

確認点3:名前・実績がある会社

この3つとなります。
今ではLINEで気軽にやり取りでき
お金を払う前に確認することができます。

ですので、自分の不安点を取り除いてからお金を払いお願いすることができるのです。

当サイトでは以下をお勧めしております。

1、辞めるんです

辞めるんですは、バイト・正社員にかかわらず、一律で30000円と分かりやすい料金体系となっています。

万が一の時の全額返金保証があった上で、24時間対応、退職成功率今のところ100%ということで実績も十分であります。
値段・サービスの質・信頼性でバランスが一番良いと判断しています。

2、男の退職代行

男の退職代行は男性特化となりますが、2019年5月に出来た退職代行協会の厳しい審査項目をクリアしており
「即日対応」「一律の値段」となっております。

比較的新しい会社ではありますが、今までの会社のメリットデメリットをしっかり分析して、業界1位を目指している
期待大の会社であります。

3、わたしNEXT

わたしNEXTは女性特化となりますが、2019年5月に出来た退職代行協会の厳しい審査項目をクリアしており
「即日対応」「一律の値段」となっております。

こちらも男の退職代行と同系列でありますが、女性ならではの専門知識のあるスタッフで構成されていますので
女性が相談しやすい体勢となっています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA